猫ニュース(仮)

猫やペットに関するニュースまとめ

熱帯魚飼育での水合わせ!水槽に入れる前にすべきこと

<!---->

熱帯魚飼育での水合わせ

ショップで熱帯魚を購入すると、ほとんどの場合、ビニル袋に酸素を充填した状態で渡してくれるでしょう。自分で選んだ熱帯魚は、ビニル袋越しでもとても可愛らしく見えるもの。思わずすぐに自分の水槽に熱帯魚を放してしまいたくなりますが、ちょっと待ってください。袋の中のショップの水槽の水は、自分の用意した水槽の水とは水温、水質共に異なります。そのままドボンと入れてしまっては、急激な環境の変化に魚がついていけず、大きなストレスを与えてしまいます。すると後々、体調をくずしたり、病気になったりしやすくなってしまいます。そこで、必要になってくる作業が、「水合わせ」です。

「水合わせ」とは、観賞魚を今と異なる環境の水の水温、水質に慣らしていくことを言います。新しい魚を迎え入れるときはもちろん、自宅の水槽間の魚の移動や、水槽の大掃除の後に水槽に熱帯魚を戻す際にも使うテクニックですから、ぜひ覚えておきましょう。もちろん、熱帯魚だけでなく、メダカや金魚にも同様の方法で水合わせをすることをオススメします。

なお……(中略)…… がでしょうか。

【関連記事】

<!----> 記事の全文を見る⇒(All About)

猫ニュースおすすめ

関連記事