猫ニュース(仮)

猫やペットに関するニュースまとめ

猫にとって毒・危険な植物!食べてはいけない植物リスト

<!----> その植物、猫にとって毒になる危険性があるかも?

 

猫にとって危険な植物は700種類以上あると言われています。猫にとって危険な植物を食べたり接触したりすることで中毒症状を起こしますが、どれだけの量を食べたり触ったりしたら中毒を起こすかなどは、猫の個体差やその時の体調によって大きく変わるようです。

中には「特に危険」とされている植物を摂取しても平気な猫がいるかも知れません。しかし、百合をいけてあった花瓶の水をひと舐めしただけで重篤な症状になり、死亡した例もあります。詳しくは『ペットに有害と言われる植物で実際に猫を亡くした方』をご覧ください。

一般的に、猫にとって危険とされている植物は部屋に置かない方が良いでしょう。万が一、猫が危険とされている植物を口にしたり、植物がある部屋で中毒症状を起こした場合、一刻も早く獣医師に相談してください。その場合、猫が口にした植物の葉や花、もし吐いたり下痢をしたものがあれば、それも持参し、口にしたかも知れないという可能性を伝えてください。

ここに記載した以外でも、……(中略)…… 毒植物』(財)鳥取県動物臨床学研究所 緑書房刊 1999年

【関連記事】 記事の全文を見る⇒(All About)

猫ニュースおすすめ

関連記事